アパート経営における住人が退去するパターンの違い

アパートの住人が退去するパターンとしては、契約期間が満了して契約更新をしない場合か、契約を中途解約して出て行く場合、もしくはトラブルを起すか、家賃を滞納して家主から退去させられるという場合、に分類できるでしょう。

契約満了の場合や、手続きに従って中途解約する場合には、正常な形でのアパート契約の終了ということになりますが、トラブルを起したり家賃を滞納して追い出される場合というのは、家主による強制的な住人の退去ということになるわけです。


経営者である家主の立場として、契約満了で出て行く住人や、契約上の手続きに従って中途解約して出て行く住人というのは、あくまでも本人の意思に拠っているものなので、引き止めることはできません。

逆に、トラブルを起したり家賃を滞納している住人というのは、アパート経営者にとっては出て行ってもらいたい類の住人、ということになります。
アパートの経営者にとっては、一定の家賃収入を確保して行くためには、一定以上の入居率を満たしていなければならないわけなので、滞りなく家賃を払ってくれて、特に問題のない住人にはいてもらいたいものなのですが、本人が正規の手続きに従って出て行くといった場合には、引き止めることはできないので、そうした場合には、できるだけ速やかに新しい住人に入居してもらうよう、家主の方で努める他はありません。

しかし、何かとトラブルを起したり、家賃を滞納するような住人には退去してもらって、この場合にも、新しい住人にできるだけ早く入居してもらいたい、というのがアパート経営者としての心境と言えるでしょう。
自分の土地にアパートを建てて、入居者の募集を始める場合、宅地建物取引主任、通称宅建の資格が必要かという質問を受けることがあります。

答えは、ノーです。
第三者のアパートの入居者募集を行う場合は、当然免許が必要になり、不動産業者は必ず主任者を常駐させる必要があります。

しかし、最初に述べたように、自分の土地に自分名義でアパートを建築し、自分の名前で入居者を募集するアパート経営では、宅建の資格は必要ありません。

宅建の資格取得は、大変難しいものです。合格率も低い国家資格ですが、土地や建物の売買や賃貸契約などの業務を行う場合は、必ず必要な資格です。それは、様々な瑕疵責任を負うことができる一定の財力が必要とされているからです。


自分の経営の場合なら、自分の資産の運用にあたるわけですから、瑕疵責任は経営者自ら負うことができるわけです。

そのため、この場合は資格が必要ないわけです。

アパート経営には様々なリスクも伴いますから、宅建の資格は必要なくても、不動産賃貸契約の場合の必要事項などは、予め勉強しておき、契約書の内容や、何らかのトラブルが起きた倍の対処の仕方などを知っておくことが必要です。


募集に関しては、宅建資格を有する不動産会社などに依頼して、入居者募集の広告を出したり、契約も不動産会社に委託することも出来ますし、入居後のアフターも含めて、不動産会社と契約することも可能です。
経営に乗り出そうとしたときに、資格のハードルは必要ありません。

http://matome.naver.jp/odai/2134925148382824401
http://girlschannel.net/topics/191312/
https://4meee.com/articles/view/529414

ビジネス視点で盛岡の注文住宅の情報はここで調べよう。

板橋区の一戸建てのサイトの利用が更に広がるものと考えられます。

加古川の一戸建ての最新情報が知りたい方にはこちらです。

東京の賃貸住宅建設情報を利用しましょう。

神奈川の不動産買取関する情報選びといえばこちらのサイトです。